美容鍼(びようばり)の本当のデメリット教えます。

美容

こんにちは!

3月に入り、だいぶ寒さが和らいで参りました。

とくに日中はちょっと歩くだけ汗ばむ陽気で、冬の終わりを感じます。

とは言ってもまだまだ朝晩は冷えますね。

寒い時は温かい汁物が食べたくなります。

筆者はよく一人でも鍋を食べます。

野菜・魚・肉と栄養面でも優れている鍋。

調理の手間もかからず鍋に具材を入れるだけの鍋。

一人でも大勢でもおいしい鍋。

来年こそは大勢で心置きなく鍋を囲んで楽しめるといいですね。

※ちなみにこんなサービスもあるんですね。来年お店の前に置いてみようかな。。。



鍋の自販機。笑

 

今日の本題いきます。

先ほどの鍋の自販機じゃないですが、どんな物やサービスにも良いところがあれば悪いところもあります。

美容鍼も然りで、良いところ(メリット)は他の記事やSNSなどでお伝えさせてもらっていますが、悪いところ(デメリット)についてもお伝えしておくことが大事だと思いこの記事を書いております。

ぜひご覧いただければと思います。

美容鍼のデメリット

1.好転反応

顔だけに限らず、針の施術を受けた後にのぼせや気だるさなどの症状がごく稀ですが生じます。
これは鍼の即効性や、鍼に慣れていない方などが施術後、急な刺激や血流改善により身体がびっくりしてしまい、これを俗に「針あたり」と言います。

針あたりの症状としてよく見受けられるのが、

  • 気だるさ、眠気
  • 目眩、立ちくらみ
  • 貧血

などの症状があります。

このような症状が起こった場合、その日のうちはなるべく安静に過ごしてください。

ただ僕個人の経験での話にはなりますが、過去にそのような症状が出た方は記憶にございません

もし翌日になっても症状が落ち着かない場合は、施術を受けた治療院に連絡しましょう。

当院では、このような「針あたり」のリスクを極力減らすために、

カウンセリングでその日の体調や針の経験などを考慮し、針の刺激を一人一人調節しています。

不安点や疑問なども遠慮なく仰っていただければと思います。

2.内出血

こちらも顔だけではなく、身体全体で起きる可能性があります。

しかしお顔の血管は身体よりも細く繊細なので施術者は十分気をつける必要があります。

美容鍼に用いる針は身体に打つ針よりも細いものです。

本来、針を刺したときは血管の方が避けてくれるので、血管に刺さることはないです。

しかしお顔の毛細血管に弾力がなく、血流の悪いところは針が毛細血管を避けきれずに傷ついてしまい、そこから外に出ると単純な出血、皮下組織に留まると内出血となります。

内出血はそのままなにもせずに数日〜2週間で消滅します。
痛みなどもとくに出ないのでそのままで大丈夫ですが、やはり見た目に出てしまいますので、十分な説明をさせてもらいご納得いただいたことを前提に当院では内出血が起こりづらい美容鍼の打ち方でリスクを極力抑えて施術させていただいております。

二つの方法があり、意外と鍼灸師でも知らない方が多いです。

気になった方はSNSのメッセージから気軽にお問合せください。

3.顔面神経のパルス

今回一番お伝えしたかったのはこちらです。

パルスというのは針に電気を流して刺激を与える手法です。

一般的には肩や腰などの筋肉を対象に行われることが多いです。

この低周波刺激をお顔の筋肉に行うことは将来顔面神経麻痺になる恐れがあり、かなりリスクが高い施術方法です。

なぜ顔への通電が禁忌なのか

結論から申し上げますと、お顔への鍼の通電はスパズム(筋肉が意図せずに収縮すること)を起こす可能性があり、脳から出ている顔面神経に影響を及ぼすことが研究結果から証明されています。

例:お顔への鍼通電後、瞼や頬が勝手にピクピク動く。

今SNSを見ていても、やはり見た目にインパクトがあるのでお顔への鍼通電を行っている治療院はとても多いです。

しかし、本来顔面神経麻痺の疾患への鍼通電は症状を悪化させてしまう恐れがあるので禁忌です。

健常者でもそれと同様の反応がみられることから鍼通電は意味のない行為ですし、そもそもが通電せずに針だけで十分効果が期待できます。

将来のリスクを考えるとお顔への鍼通電は行わない方がいいでしょう。

 

以上、美容鍼でのデメリットをお伝えいたしました。

針あたりや内出血に関してはごく稀の可能性です。

しかし可能性が1%でもあればお伝えするのが私たちの義務だと思っています。

施術は最新の注意を払い、安心安全に努めさせていただいております。

ぜひ一度お試しいただきたいと思います。

こちらで鍼の効果などを紹介しておりますので、ぜひご覧になってください。

整形にも負けない!?美容鍼の驚くべき3つの効果!!

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました