整形にも負けない!?美容鍼の驚くべき3つの効果!!

美容

自分の顔に自信が無い、、、。

そんなお悩みからか最近は整形の敷居も低くなり、整形を公表する有名人やインフルエンサーも昔より多くなりました。

借金をして整形をする。なんて人もちらほら。

今回は顔の悩みで整形しようかな。と悩まれている方に向けて美容鍼のご紹介をしたいと思います。

あなたのお悩みが美容鍼で解決するかもしれません!

ぜひ最後までご覧くださいませ。

 

 

筆者は東京都杉並区で鍼灸整骨院を経営していて、自身も美容部門で月50名以上のお顔の美容鍼を担当させていただいております。

今まで1000人以上のお客様を診させて頂いて多かったお悩みは、

・肌のシミ
・むくみ
・ほうれい線(マリオネットライン)
・目の周り(目頭、目尻、目の下)

が多く、特にシワという部分に関しては、ほとんどの方が改善したいと仰っています。

美容鍼では、上記のお悩みを全て解消することができます。
肌の表面だけでなく、顔の筋肉にもアプローチすることで、見せかけだけでなく肌への負担を最小限に内側から綺麗になれる方法として世界的にもとても注目されています。

では、どうして顔に鍼(はり)を指すと、上記のお悩み(肌のシミ、むくみ、ほうれい線、目の周りのシワなど)が改善するのでしょう?

鍼の知られざる効果を3つのポイントに分かりやすくまとめてみました。

美容鍼の効果

⒈肌をあえて傷つけターンオーバーを促進

針が真皮層(1〜4ミリ)の深さに刺入されると、真皮層に微小の傷がつきます。
私たちの身体には「創傷治癒反応」と呼ばれる機能があり、その微小な傷を治そうとする反応を引き起こし多種多様な細胞が活動することにより新しいコラーゲンが産生されます。

よく肌のターンオーバーは28日周期と言われていますが、28日は最速の数字であり、加齢や生活習慣によって遅れていくのが一般的です。

そしてこの28日のターンオーバーは皮膚の”表皮”の話です。

真皮のターンオーバー(コラーゲンのターンオーバー)の周期は4〜6年になります。

この真皮は外からマッサージなどをしても意味はなく、針は唯一アプローチが直接刺激を入れることができ、皮膚の若返りに大きな効果を発揮します。

要は4〜6年かかって生まれ変わるコラーゲンの産生を針をしたその日から生まれ変わらせることができるということです。

⒉顔の筋肉の血行改善

顔も身体と同じで骨の上に筋肉が乗っかっている状態です。
なので肩こりを例に挙げると、肩こりが起こっている筋肉はいわゆる血行不良。

筋肉に十分な血液が行き渡っていないので筋肉が冷え弾力が無くなり、固くなってしまうという原理です。

顔の筋肉も同じことが起こります。
顔の筋肉の冷えや血行不良が起こると、筋肉の柔軟性が無くなり肌荒れやシワ、くすみの原因になってしまいます。

美容鍼ではこの筋肉にアプローチすることで血流を促し、柔軟性を改善させます。これによりむくみやシワの改善させることができます。

また、顔の筋肉だけではなく、首肩や頭の筋肉の血行も一緒に改善させると効果が上がり、施術直後も肌のトーンが上がるといった資格的効果も多く見られます。

⒊経皮吸収の促進(=浸透率がアップ)

最後に経皮吸収の促進です。

経皮吸収とは、「皮膚を通して体内に吸収されること」です。

針を抜いた後に化粧品など塗るとより浸透するというイメージが分かりやすいかと思います。

実際肌は、かなり強い構造によって、水分や物質をバリアしています。
なのでいかに高価な美容液を普通に塗っても皮膚のバリア機能によって、体内に吸収されることはあり得ません。

針で角質層まで微細な穴を開けることで、バリアが一時的に破られ物質の経皮吸収率が最大10000倍まで向上することが研究(1998年、アメリカのセバスチャン・ヘンリー)でも明らかにされています。

なので美容鍼のあとに美容液やパックを行うことがかなり効果的であることが分かります。

次の日の朝、化粧のノリが違うというお声も多く頂いております。

 

 

 

いかがだったでしょうか?

さすがに整形のように鼻を高くしたい、やエラを削りたいといったご要望は難しいですが、筋肉や肌を改善させるには美容鍼で十分、というより肌に負担をかけず行う美容法ではかなりおすすめの美容法かと思います。

そのほか美容鍼の効果をさらに上げる方法なども他の記事で紹介しております。

ぜひご参照くださいませ。

コメント

  1. […] 整形にも負けない!?美容鍼の驚くべき3つの効果!! […]

タイトルとURLをコピーしました